JScript 教学笔记

JScript 是 Microsoft 公司对 ECMA 262 语言规范(ECMAScript 编辑器 3)的一种实现。除了少数例外(为了保持向后兼容),JScript 完全实现了 ECMA 标准。本概述的目的就是引导您学习使用 JScript。
使用 JScript

JScript 是一种解释型的、基于对象的脚本语言。尽管与 C++ 这样成熟的面向对象的语言相比,JScript 的功能要弱一些,但对于它的预期用途而言,JScript 的功能已经足够大了。

JScript 不是其他语言的精简版(例如,它只是与 Java 有点模糊而间接的关系),也不是任何事物的简化。不过,它有其局限性。例如,您不能使用该语言来编写独立运行的应用程序,并且没有对读写文件的内置支持。此外,JScript 脚本只能在某个解释器或“宿主”上运行,如 Active Server Pages(ASP)、Internet 浏览器或者 Windows 脚本宿主。

JScript 是一种宽松类型的语言。宽松类型意味着您不必显式定义变量的数据类型。事实上 JScript 更进一步。您无法在JScriot上明确地定义数据类型。此外,在大多数情况下,JScript 将根据需要自动进行转换。例如,如果将一个数值添加到由文本组成的某项(一个字符串),该数值将被转换为文本。

ECMA 標準(日本語訳)
ECMA-262

ECMA(European Computer Manufacturers Association)的ECMAScript标准
過去の概要

この ECMA 標準はいくつかの元の技術に基づいていて,もっともよく知られているのは JavaScript(Netscape 社)とJScript(Microsoft 社)である。その言語は Netscape 社で Brendan Eich により発明され,この会社の Navigator 2.0 ブラウザで最初に現れた。それは Netscape 社による全てのそれ以降のブラウザと Internet Explorer 3.0 から始まる Microsoft 社による全てのブラウザに現れている。

この標準の開発は 1996 年 11 月から始まった。この ECMA 標準の第 1 版は 1997 年 1 月の ECMA 総会で採用された。

ECMA 標準は fast-track 手続き以下の採用のために ISO/IEC JTC 1 に提出された。そして 1998 年 4 月,国際標準 ISO/IEC 16262 として承認された。 1998 年 6 月の ECMA 総会は完全に提携した ISO/IEC 16262 を保つために第 2 版の ECMA-262 を承認した。第 1 版と第 2 版の間の変化は自然な論説である。

現在の文書はその標準の第 3 版で,強力な通常表現を含み,より扱いやすい文字,新しいコントロールステートメント,try/catch 例外の扱い,しっかりしたエラーの定義,numeric 出力のための型,将来予定されている国際取り決めを前もって使う小さな変化および将来の言語の発展を定義する。

この言語の働きは完全ではない。技術委員会は World Wide Web Consortium と Wireless Application Protocol Forum の範囲内のグループのような他の標準団体と一緒にインターネットを交えて作成されて使われているスクリプトと密接な関係のための仕組みを含む重要な向上に取り組んでいる。

この標準は 1999 年 12 月に ECMA 総会で ECMA-262 の第 3 版として採用されている。
以下,未訳。